バクチャー(BAKTURE)統括代理店 ~みらいえ×BRA(バクチャー普及研究協議会)~

バクチャーとは?

「微生物活性材バクチャー(BAKTURE)」という名称は、Back to the Natureを略した造語です。その名の通り、微生物の偉大なチカラに助けてもらい、自然を本来の姿に戻すことができる技術です。「微生物活性材バクチャー」は、自然界が本来持っている微生物の力を劇的に活性化させる機能を持ち、その効能は水質改善・土壌改善・臭気対策などの広範囲に及びます。

これは「自然本来の美しい姿への回帰(Back to the Nature)」と「人々の豊かな暮らしと発展」を両立させるものです。私達は、「微生物活性材バクチャー」をキーテクノロジーとして、これからの地球環境を持続可能な状態にできるよう取り組んでおります。

Back to the Nature

バクチャーの概要

私たちが暮らす地球上には、目には見えない多種多様な微生物がいたるところに存在し、清浄な環境を保つ働きをしています。

バクチャーは環境中の微生物と接触することで、微生物の働きを急速に活性化させる力を発揮します。

バクチャー自体は微生物を含むものではなく、環境中の有用微生物活性化の触媒、いわば善玉菌の起爆材のようなものです。 バクチャーの活用により、水質汚染や土壌汚染など、さまざまな環境問題の解決が可能となります。

生態系を形成する物質循環

自然界の浄化メカニズム

自然界は生態系のサイクルで汚染物質や有害物質を浄化しています。その中でも一部重要な「分解」さまざまな微生物たちが担っています。

微生物は自然界に存在する分解者として有機物や汚染物質、有害物質を分解して地球の清掃をしてくれているのです。

バクチャーは環境中の微生物と接触することで、微生物の働きを急速に活性化させる力を発揮します。

バクチャー自体は微生物を含むものではありませんが、環境中の有用微生物を活性させる働きとして機能するのです。

生態系を形成する物質循環

正常な水中の生態系では、食物連鎖がなりたっています。

そのため水は透明で臭いもない状態が保たれるのです。

バクチャーの用途

  • 水質改善

    ・河川

    ・湖沼・ため池

    ・景勝地、ダム、海域

  • 土壌改善

    ・有機栽培・自然栽培など農業

    ・堆肥・土づくり

    ・汚染土改良

  • 臭気対策

    ・汲取り式トイレ・浄化槽

    ・ドブ川

    ・養豚・養牛・養鶏場

国際連合工業開発機関「環境技術データベース」登録

バクチャーを活用した水質改善技術は、国際連合工業開発機関(UNIDO / ユニド)の環境技術データベースに登録されています。

NETIS (新技術情報提供システム)登録

バクチャーは、水質自然浄化システムとして国土交通省管轄の新技術情報提供システム(NETIS/ネティス)に登録されています。(NETIS登録番号:CG-000031)