バクチャー(BAKTURE)統括代理店 ~みらいえ×BRA(バクチャー普及研究協議会)~

導入事例

土壌改善事例
2017/08/17

「ジャンボニンニク」

播種日:2016年11月
収穫日:2016年 6月16日
品 種:ジャンボニンニク 土は黒土のものを使い、無肥料・無農薬で「炭バクチャー」のみで栽培。
種のニンニクを植えてからは特に何もしないで収穫を迎えました。簡単な除草だけでした。
硝酸イオンが検出限界値以下という素晴らし結果でした。
抗酸化力と糖度が少し低くなってしまいました。
育成方法としてマルチシートなどで被うことで成分の改善ができそうです。
↓ 以下収穫したジャンボニンニクの成分結果です ↓


※サンプルとは、バクチャーで育てたジャンボニンニクのことです。